有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護保険制度(かいごほけんせいど)

介護保険制度とは、高齢者のための医療・福祉・介護サービスの向上を目的に平成12年4月に施行された社会保険制度です。

原則、40歳以上の国民全てに加入義務があり、寝たきりや認知症等の要介護状態の将来に備えて生涯…

»詳細を見る

後期高齢者医療制度(こうきこうれいしゃいりょうせいど)

後期高齢者医療制度とは、75歳以上の高齢者(後期高齢者)を対象に、平成20年4月に新しく施行された医療制度です。

制度開始日に「長寿医療制度」と名称変更がありましたが、一般的には「後期高齢者医療制度」という旧…

»詳細を見る

要介護認定(ようかいごにんてい)

要介護認定とは、介護保険制度の下で認定された本人の要介護状態の程度を示すものです。

要介護認定の種類は大きく分けて、介護を必要とする「要支援1・2」及び「要介護1~5」と、介護を必要としない「自立(非該当)…

»詳細を見る

ケアマネージャー(けあまねーじゃー)

ケアマネージャーとは、別名「介護支援専門員」といい、介護サービスを必要とする方を対象に、介護保険制度の下で適切なサービスを利用できるようにサポートする人です。

ケアマネージャーの仕事には、介護サービ…

»詳細を見る

ホームヘルパー1級(ほーむへるぱーいっきゅう)

ホームヘルパー1級とは、介護福祉施設等で利用者の介護ケアの他、ホームヘルパーをまとめる主任やサービス提供者として働くために必要な資格です。

資格取得には、都道府県または都道府県知事が指定する事業者が実…

»詳細を見る

ホームヘルパー2級(ほーむへるぱーにきゅう)

ホームヘルパー2級とは、ホームヘルパーとして働くために最低限必要な資格です。

平成18年の介護保険法改正から、資格取得には、実務経験の有無に関係なく、都道府県または都道府県知事が指定する事業者が行う「介護…

»詳細を見る

介護福祉士(かいごふくしし)

介護福祉士とは、高齢者や日常生活に支障がある方を対象に、日常生活の世話から精神的・身体的な介護ケアを行うために必要な国家資格を持つ人です。

別名「ケアワーカー」とも呼ばれ、要介護者の食事や入浴、排せ…

»詳細を見る

成年後見制度(せいねんこうけんせいど)

成年後見制度とは、認知症や精神障害等によって判断能力が低下した人を法律の範囲で保護する制度です。

具体的には、遺産相続や悪徳商法等で本人が不利益を被らないために、家庭裁判所で選任された代理人を通じて…

»詳細を見る

介護支援専門員(かいごしえんせんもんいん)

介護支援専門員とは、介護保険法に基づいて、高齢者や障害者等に適切な介護サービスを利用できるようにサポートする人です。

別名「ケアマネージャー」とも呼ばれ、各都道府県の認める資格を有します。介護支援専…

»詳細を見る

生活支援員(せいかつしえんいん)

生活支援員とは、高齢者や障害者等の日常生活に関して様々な面でサポートする人です。

別名「ライフサポートアドバイザー」といい、高齢者や障害者等の生活指導から、相談援助、安否確認、緊急時の対応まで、利用…

»詳細を見る

ガイドヘルパー(がいどへるぱー)

ガイドヘルパーとは、視覚障害者や全身性障害者、知的障害者等を対象に、外出や買い物等の介助を行う資格のある人です。

ガイドヘルパーの正式名称は、2003年に国独自の措置制度から市町村主体の支援費制度に移行して…

»詳細を見る

ケアクラーク(けあくらーく)

ケアクラークとは、介護保険制度に基づいて、介護保険に関する事務手続きを行う資格を持つ人です。

具体的には、介護福祉施設や病院等で介護サービスにかかる費用の計算や、介護保険給付対象となる介護報酬請求の…

»詳細を見る

認知症ケア専門士(にんちしょうけあせんもんし)

認知症ケア専門士とは、認知症の方またはその家族等のケアに関する知識や技能の資格を有する人です。

認知症ケア専門士になるには、まず「日本認知症ケア学会」の実施する試験に合格しなければなりません。また、…

»詳細を見る

生きがい情報士(いきがいじょうほうし)

生きがい情報士とは、介護福祉施設や病院等で中高年者の様々な相談に応えるアドバイザーです。

具体的には、中高年の健康作りや自立支援、またセカンドライフの生きがい創造に関するアドバイス等。

この他に…

»詳細を見る

サービス介助士(さーびすかいじょし)

サービス介助士とは、高齢者や障害のある方に「おもてなしの心」と「介助技術」を持ってサービスを提供する有資格者です。

サービス介助士は、介護士やホームヘルパー等とは異なり、利用者に対して入浴や食事、排…

»詳細を見る

理学療法士(りがくりょうほうし)

理学療法士とは、医師の指示の下で運動療法や物理療法を用いる国家資格を持つ人です。

病院等の医療施設、介護福祉施設等を主な職場として、高齢者や障害者を対象にリハビリや電気療法、マッサージ療法等の運動療…

»詳細を見る

作業療法士(さぎょうりょうほうし)

作業療法士とは、医師の指示の下で、身体的・精神的な障害のある方の機能回復を目指す治療を行うための国家資格を持つ人です。

英語で「Occupational Therapist」という事から、別名「OT」とも呼ばれています。

作業療法士になるには…

»詳細を見る

社会福祉士(しゃかいふくしし)

社会福祉士とは、身体的・精神的障害のある方を中心に、生活相談の指導や助言及び、適切な医療、福祉、保健サービス等を受けられるようサポートをする人です。

ただし、社会福祉士には国家資格が必要となり、まず…

»詳細を見る

高齢者体力つくり支援士(こうれいしゃたいりょくつくりしえんし)

高齢者体力つくり支援士とは、65歳以上の高齢者を対象に、より健康に過ごせるようにサポートを行う資格を持つ人です。

高齢者体力つくり支援士の資格には、支援士ドクターと支援士マスターの2種類あり、前者は自治体…

»詳細を見る

健康運動指導士(けんこううんどうしどうし)

健康運動指導士とは、人々がより健康に過ごせるように運動プログラムの作成や実践指導計画の調整等を行う有資格者です。

主に介護福祉施設や保健医療施設、フィットネスクラブ等を中心に、施設及び利用者に合った…

»詳細を見る

言語聴覚士(げんごちょうかくし)

言語聴覚士とは、言葉によるコミュニケーションに問題を抱えた人を対象に、適切な訓練指導やアドバイス等を通して身体的・精神的にサポートする国家資格を持つ人です。

言語聴覚士の活躍の場は医療・保健・福祉・…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.