有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

萎縮性尿道炎(いしゅくせいにょうどうえん)

萎縮性尿道炎とは、女性がかかる尿道炎です。

尿道炎とは一般的に男性に多く、細菌等の感染症が原因で尿道に炎症が起こる病気とされています。しかし、萎縮性尿道炎の場合は、閉経後の女性ホルモン(以下、エストロゲン)の低下が原因で尿道粘膜が委縮して起こる病気です。そのため、加齢とともに女性の発症率が高くなります。

具体的には、尿道を健康に保つためのエストロゲンが減少する事で、尿道粘膜に必要なコラーゲンが不足し、尿道粘膜に委縮が起こります。

さらに、尿道内を健康に保つための自浄作用や免疫力が落ちるため、尿道内に細菌が増殖し萎縮性尿道炎を発症しやすくなります。この他にも、尿道を圧迫する子宮筋腫等が原因で発症します。

主な症状としては、初期では特に自覚症状はなく、症状が進行すると頻尿、血尿、排尿痛等が現れます。さらに症状が進行すると、くしゃみや咳等で尿漏れが起こる「腹圧性尿失禁症(ふくあつせいにょうしっきんしょう)」や、「膀胱炎(ぼうこうえん)」、「子宮頚管炎(しきゅうけいかんえん)」等の病気に繋がります。

萎縮性尿道炎の診断には、泌尿器科の医師による問診や尿検査、細胞検査等で行われるのが一般的です。

萎縮性尿道炎と診断された場合は、更年期障害の治療にも使われるホルモン補てん療法(別名HRT)で、足りないホルモンを補う薬物療法の他、尿道を柔軟に保つためのコラーゲン注入や、症状によっては行動療法で排尿訓練を行います。また、細菌に感染している場合には抗生物質や抗菌剤を同時に服用します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.