有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

国民年金(こくみんねんきん)

国民年金とは、国民全てに加入義務のある公的年金です。

原則、20歳以上60歳未満の国民は強制的に加入し、最低でも25年間保険料を納めていれば、生涯に亘り一定額の老齢年金を受取る事ができます。

60歳以上で年金の受給資格に満たない場合は、国民年金の任意加入制度に従って70歳まで未納分を支払う事ができます。ただし、納付期限から2年を過ぎた保険料の支払いは時効となり、その未納期間は将来受取れる年金から減額されます。

受給資格のある方が受取れる給付は3種類で、老後の生活保障のための「老齢基礎年金」、病気や事故等に備えた「障害基礎年金」、死亡による家族の生活保障のための「遺族基礎年金」があります。

「老齢基礎年金」は、基本65歳から受取り可能で、納付期限を満たす方であれば60歳以上70歳未満から受取開始日を決められます。ただし、65歳未満を受取開始にした場合、生まれた年等によって毎月の受取額が減額され、逆に66歳以上70歳未満を受給開始日にした場合は増額されます。

保険料は基本定額で、納付者が利用する制度によって異なります。国民年金納付で利用できる制度には、保険料をまとめて前納する「前納割引制度」や口座振替による「口座振替早割」、この他学生や30歳未満の方を対象に納付期限が延期できる「学生納付特例制度」や「若年者納付猶予制度」、経済的に納付が困難を対象にした保険料の全額免除や一部免除等の助成制度があります。

また、保険料は全額社会保険料控除の対象です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.