有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

在宅介護支援センター(ざいたくかいごしえんせんたー)

在宅介護支援センターとは、地域の福祉サービスの向上を図ることを目的として、地域の福祉に関する様々なサービスを提供している福祉施設です。

サービスの内容は、高齢者またはその家族の介護に関する相談から、福祉・保険・医療サービス事業者との連絡・調整やその他、介護機器の紹介、福祉サービスの整備、高齢者の実態把握等、高齢者の自立支援に関することから、高齢者虐待防止の推進・普及、地域福祉の整備まで多岐に亘っています。

運営主体は主に、地方公共団体や社会福祉法人、医療法人で、その他にそれらの機関から委託を受けた民間企業が中心となって運営しています。

また、どの施設も原則24時間体制で利用者のニーズに対応できるよう、介護専門のスタッフが24時間常駐している「特別養護ホーム」や「介護老人保健施設」等と併設している、またはそれらの施設と連携のある在宅介護支援センターが行います。

なお、具体的なサービス内容は、ソーシャルワーカーや看護師、介護福祉士等の専門家が、高齢者や家族の在宅介護の相談に応える24時間体制の電話相談サービスをはじめ、実際に利用者の自宅へ訪問して在宅介護に関するアドバイスや指導を行う訪問サービス、その他介護用品の紹介等。

また必要に応じて、介護予防のケアプランの作成や介護保険等の福祉サービスに関する申請手続きの代行サービスを提供しています。

利用者は主に、65歳以上の方で「要介護」「要支援」を受けている方、またその家族が対象です。また、サービスに必要な費用は基本、無料で利用できます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.