有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

訪問看護ステーション(ほうもんかんごすてーしょん)

訪問看護ステーションとは、幅広い在宅ケアサービスを基本24時間365日体制で提供する施設です。

病気や障害等で主治医から訪問看護が必要と認められた方を対象に、看護師や保健師、理学療法士、作業療法士等の専門家が主治医の指示に従って、対象者の家庭に訪問し、血圧、体温、脈拍等の健康チェックの他、病気や障害等の病状観察、その他、入浴や食事、排せつ等の療養上の世話や介護ケア、床ずれ防止のための処置や手当、カテーテルや人工呼吸器等の医療機器の管理、認知症のケアや介護予防のための措置等、医師や関連機関と協力して行います。

また、がん末期や終末期等の方のためのターミナルケアや、介護予防や機能回復訓練のために在宅でのリハビリテーション、その他、主治医の指示に基づく医療処置や、家族への介護指導や在宅介護相談等のアドバイスも行っています。

利用者は主に病気や障害のある方が対象で、年齢は関係ありません。ただし、サービスの利用には主治医の「訪問看護指示書」が必要です。また、「要介護・要支援1以上」の方や「介護保険」でサービスを受ける方は、事前にケアマネージャーへの相談が必要です。

サービスに必要な費用は、主に訪問介護の利用料で、負担金は保険の種類や受けるサービス、要介護度、利用回数、利用時間、年齢等によって異なります。

また、一定基準以上のサービスを受けた場合は、その差額分の負担金が必要です。また保険の種類によっては、おむつ代や交通費等が別途必要になります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.