有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

短期入所施設(たんきにゅうしょしせつ)

短期入所施設とは、入所者の精神的な安定や身体的な機能維持、またその家族の介護負担の軽減を目的として、介護が必要な方が短期間入所して日常生活の支援や介護ケア等を受けるための福祉施設です。

なお、施設は地域の自治体が指定する「特別養護老人ホーム」や「介護老人福祉施設」等と併設されているのが一般的です。

入所者はこの中で、入浴や排せつ、食事等の日常生活の支援をはじめ、リハビリテーション等の機能回復訓練、その他レクリエーション等による地域交流や他者との談話等を通して、心身ともに健やかに、自宅に戻ってからも引き続き、自立した生活を送るためのサポートを受けます。

入所者は、おおむね65歳以上の方で、「要介護」や「要支援」の認定を受けている方、またはその家族が病気や出産、冠婚葬祭等で一時的に介護を受けることができないといった方が対象です。

また、対象年齢に満たない40歳以上の方でも、特定疾病が原因で「要介護」や「要支援」の認定の受けている方は入所対象者となります。

ただし、入所期間が原則、最大30日と決められており、長期的な入所が必要になる方は施設によって入所を断られる場合があります。なお、入所には申込みが必要となり、その申請手続きは地域包括支援センターまたは、直接施設で行います。

入所に必要な費用は主に施設の利用料で、負担金は要介護認定の区分や本人の収入、扶養義務のある方の課税状況等によって異なります。その他、食費や滞在費が別途必要になります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.