有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

住宅型有料老人ホーム(じゅうたくがたゆうりょうろうじんほーむ)

住宅型有料老人ホームとは、入所者が最低限のサービスを受けながら、自宅に近い環境で日常生活を送ることを目的とした有料老人ホームです。

一般的に、ホームには介護専門のスタッフが常駐しておらず、入所中に介護が必要になった場合は、入所者みずからが外部の介護サービス事業者と契約を結び、ホームに入所しながら外部委託の訪問介護サービス等を利用することができる施設です。

入所対象者は、主に60歳以上の方で、身の回りのことができる、伝染性疾患がない、共同生活に適応できる等、ホームによって条件が異なります。

また最近では、要支援・要介護の認定を受けている方でも、対象者として利用できるホームも多く、要介護度に関係なく、本人が日常生活に支障がない程度の健康状態であれば入所可能なホームが一般的になりつつあります。

ただし、認知症で夜中徘徊する、病気やケガ等で常に介護が必要といった方は、入所を断られる場合があります。

なお、入所には申込みが必要となり、本人または家族が直接ホームに申込みを行います。申込み後、ホームの入所審査委員会によって入所の可否が決まります。そこで入所が認められた場合は、ホームの空き状況等から入所時期を決定します。

必要な費用は、家賃、管理費、食費のほか、生活雑費等が別途必要となり、負担額は事業者や契約プラン、部屋タイプ、要介護度等によって異なります。ホームによっては、入居一時金等の保証金が必要になる場合があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.