有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護療養型医療施設(かいごりょうようがたいりょうしせつ)

介護療養型医療施設とは、要介護認定を受けている方、または急性期の病状が安定期に入り、長期的に介護ケアが必要となった方の療養を目的とした介護保険施設です。

このなかで入所者は、医師や看護師、介護士、薬剤師、栄養士等の専門スタッフのもと、日常生活の支援や医療の管理、介護サービスなどのトータルケアを受け精神的・身体的な回復を目指します。基本、サービスは介護保険の給付対象です。

なお、介護療養型医療施設には、「療養病床」と「老人性認知症疾患療養病棟」があり、「療養病床」は、主に療養上の医療や療養を必要とする方のための病床で、「老人性認知症疾患療養病棟」は、認知症などで精神的・身体的な療養が必要な方のための病棟です。

どちらも厚生労働省令の『指定介護療養型医療施設の人員、設備及び運営に関する基準』を満たす施設設備を整え、365日24時間、一定基準以上のスタッフが常駐しています。

なお、入所には施設への申込み及び施設の入所審査を通過する必要があります。ただし、その審査を通過した場合でも希望者が多い場合は、一般的に重度の方から優先的に入所できるシステムです。

入所費用は、主に家賃、食費、光熱費等のほか、生活雑費等が別途必要となり、負担金は、事業者や施設の設備、部屋タイプ、本人の収入や扶養義務者の課税状況、要介護度によって異なります。

※介護療養型医療施設は、「医療や看護を必要としない入所者が過半数を占めている」等の理由から、2006年の医療制度改革関連法案成立によって2012年3月をめどに廃止される予定です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.