有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

介護老人保健施設(かいごろうじんほけんしせつ)

介護老人保健施設とは、看護師や介護士、作業療法士、理学療法士、栄養士等の専門スタッフが、入所者の自立支援と家庭復帰を目的として総合的に介護ケアを行う介護福祉施設です。

略して「ろうけん」と呼ばれています。入所者はこのなかで、入浴、排せつ、食事等の日常生活の支援や療養上のケアを受け、リハビリテーション等の機能回復訓練を通して家庭復帰までの自立を目指します。

サービスは基本、介護保険給付対象です。なお、入所期間はおよそ3か月から長くて1年未満と、基本的に長期継続して入所することはできません。

入所対象者は、原則65歳以上で「要介護1以上」の認定を受けている方に限られます。そのほか、伝染性疾患がない、ケガや病気で長期の入院等を必要としない等、施設によって条件が異なります。

また、入所には申込みが必要となり、本人またはその家族が直接施設へ入所の申込み手続きを行います。その後、面談や医師の診断書等を通して本人の健康状態や要介護度を審査し、施設が本人の入所の可否を決定します。

そこで入所が認められた場合は、ホームの空き状況をみて入所時期が決定します。ただし、希望者が多い場合は審査基準の高い方から優先的に入所できるシステムが一般的です。

なお、入所に必要な費用は、家賃、食費、光熱費等のほか、日常生活の雑費等。利用する事業者や施設の設備、部屋タイプ、要介護等によって負担金が異なります。また、本人の収入や扶養義務の方の課税状況等によっても負担額が異なります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.