有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

養護老人ホーム(ようごろうじんほーむ)

養護老人ホームとは、身体的・精神的な理由または、経済上の理由によって自宅で介護支援を受けることができない高齢者を受けいれる福祉施設です。

入所者は原則、ケガや病気等で常に治療や介護を必要としない健康状態で、なおかつ世帯が生活保護を受けている、または低所得等によって居宅で生活できなくなった等の経済状況の方が対象です。そのほか、年齢が65歳以上といった規定があります。

ただし、上記の条件を満たす場合でも、「要介護1以上」の認定を受けている方は対象外となります。(老人福祉法第11条1項)

なお、入所には第三者による審査が必要となり、基本的な入所の流れは、本人またはその家族が、各市区町村の自治体へ「主治医の診断書」や「誓約書」等の必要書類を持って入所の申込み手続きを行い、その後、本人が入所基準を満たす生活環境や経済状況にあるかを医療施設や福祉施設、地域包括支援センター等で構成された入所判定委員会によって審査します。その審査結果によって、入所の可否が決まります。

入所が認められた場合は、ホームの空き状況や審査結果によって入所時期が決定します。このとき希望者が多かった場合は、審査結果で入所の必要性が高い方から優先的に入所できるシステムになっています。

なお、入所に必要な費用は、本人の収入や扶養義務のある方の課税状況によって負担金が異なり、またその額は、「養護老人ホーム被措置者費用徴収基準」の規定に基づきます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.