有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

グループホーム(ぐるーぷほーむ)

グループホームとは、介護認定や認知症の診断を受けた方が、5~9人の少人数で共同生活を送る介護福祉施設です。

別名「認知症対応型老人共同生活援助事業」といい、認知症について正しい知識を持ったスタッフが365日24時間ホームに常駐し、入居者の精神的な安定や自立支援を目的とした介護ケアを行います。なお、基本的に医療面でのケアは行っていません。

このなかで入所者は、最低限の生活支援サービスを受けながら、食事の支度や掃除、洗濯等を自分たちで行い、リハビリテーションやレクリエーション等の機能回復訓練を通して、認知症等の進行を緩め健康的な暮らしを目指します。

入所対象者は、原則65歳以上の方で、なおかつ「要支援2」または「要介護1以上」の認定を受けている方に限ります。また、日常生活に支障のある記憶機能の低下、アルツハイマー病等の認知症の診断を受けている方も対象となります。

ただし、伝染性疾患のある方や重度の認知症で共同生活を送ることが困難な方は入所を断られる場合があります。

なお、入所には審査が必要となり、ホームは本人または家族からの申込みを受け、面談や診断書等から本人が入所基準を満たしている方かどうかを判断します。その審査結果によって入所が認められた方は、ホームの空き状況等によって入所時期が決定します。

入所に必要な費用は、家賃、食費、光熱費等のほか、日常生活の雑費等。負担金は事業者や契約プラン、部屋タイプ、要介護度等によって異なります。また、ホームによっては入居一時金等の保証金が必要になる場合があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.