有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

使途が不透明な費用

有料老人ホームへの入居を考えるということは、人生のなかでそう頻繁にあることではありません。先ほどの介護費用のところでも述べましたが、ホーム側から必要だ、といわれればつい払ってしまう、ということもあるでしょう。家賃・食費などのほかに必要な費用にはどんなものがあるのでしょうか?(介護費用については前の項目で述べましたので、省きます)

「管理費」

共有部分の水道光熱費、管理部門の人件費、建物の維持管理費などの費用が含まれます。この内訳については、説明の義務がありますので、重要事項説明書などにも記載されており、収支については報告することになっています。これは、改定されない限りは、ほぼ決まった金額が毎月かかってきます。

「健康管理費」

事業者が独自に決めている項目であり、含まれるサービスはさまざまです。医療と介護は別のものですので、医療費とは違い、ホーム内での健康管理であったり、相談に応じる費用など、ちょっとわかりにくい部分もあります。特定施設の指定を受けているところは、看護師の配置が義務付けられており、生活上、必要な健康管理は、看護師の業務に含まれています。別途、健康管理などの名目で算出されている場合は、看護師の人員が規定以上におり、特別のサービスが受けられるのか、確認しておきましょう。

費用が発生する以上、その根拠であったり、サービスは必ずあるはずです。別途介護費用や、健康管理費など一切なくても、規定の人員基準を満たして運営しているホームもあります。一時金すらゼロのホームも出てきています。その差がどこにあるのか、気になるところですね。

私も、一時期興味があって、全国の有料老人ホームの一時金・月額利用料を調べたことがあります。結果はほんとにピンからキリまで・・・でした。金額が、満足度につながるかはわかりませんが、払う以上は納得して払いたいものです。費用については、入居を継続していく以上、信頼関係にもかかわります。内容のわからない費用は遠慮なく質問しておきましょう。

おむつ代などは実費必要になりますし、そのほかにも介護用品代(介護用ベッド・車椅子など)、医療費などがホームの利用料とは別にかかってきます。最初は必要なくても、のちのち必要になってくる場合もありますので確認しておきましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.