有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

費用はどのくらい?

次は気になる費用についてです。

費用は、入居の際に必要な一時金と、月々必要な月額利用料にわかれます。

入居一時金の金額ですが、事業者によってさまざまで、数百万から数千万のところもあります。また、入居一時金を多く納めると、月額利用料が安く、少なく納めると、月額利用料が高い、というような2種類から選べるホームもあります。

ここで確認しておきたいのは、入居一時金の内訳です。期待に胸膨らませて入居し、(なんか、違う・・・)と思って退去を申し出たら、払った一時金がすずめの涙ほどしか戻らなかった、というケースもあります。利用する権利だけを買った形の一時金もありますし、必要な介護を一時払いした形の一時金もあります。年齢によって一時金の金額が違うホームもあります。(年齢が高いほうが一時金が安い・・・)

入居前に、重要事項説明書などを確認し、一時金には何が含まれるか、退去したら返還されるのはどの部分かをしっかり聞いておくことが必要ですね。

最近は、土地、建物を事業者が所有せず、地主から一括借り上げをする形で、一時金が無料、もしくは数十万で入居できるホームも出てきています。(土地・建物が事業者が所有しているか、借り上げをしてるかは、重要事項説明書を見ればわかります。)

次に月額利用料です。

内訳は、家賃(一括払いのところを除く)・管理費・食費・実際使ったものの費用(おむつ代など)・医療費、そして介護にかかる費用です。介護にかかる費用は、介護保険を利用している場合もあり、その場合は一割負担が必要になります。

有料老人ホームで使う介護保険は、「特定施設入居者生活介護」というものがほとんどです。一日利用あたりいくら、という介護保険になり、一ヶ月の費用は要支援1~要介護5で、概算6千円~2万7千円ほどです。(地域により若干異なります)事業者によっては、手厚く人員を配置したり、プラスのサービスを提供することで、別途介護費用として徴収することもあります。

安いホームでは、十数万のところから、上は・・・・いくらくらいまであるのでしょうか?サービスを追加すればするほど、限りはないのでしょうね。

実費として請求されるものの例としては、入浴などを規定の回数以上希望した場合や、ナースコールの対応をした場合、また受診の付き添いや外出も、かかった実費以外に介護費として請求する場合もあるようです。月額利用料は毎月のことですので、入居前に不明な点は質問しておくことが大切ですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.