有料老人ホーム

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

入居の対象となるのはどんな人?

では、有料老人ホームに入居の対象となるのはどんな方でしょうか?

有料老人ホームには、健康な人を対象にしたホーム、健康な人も介護が必要な人も利用できるホーム、介護が必要な人(要介護認定を受けている)だけが利用できるホームの3種類があります。健康型、介護付などという表現で分けられている場合もありますし、1つのホームの中に、健康型と介護付を併設しており、介護が必要になったら介護付の棟に部屋を移る、というようなところもあります。

年齢も、50歳以上など、独自の基準を設けているホームもあれば、純粋に介護保険受給資格者(第1号は65歳以上、第2号だと40歳以上の介護保険被保険者)というホームもあります。

どちらにしても、有料老人ホームは生活の場所であり、継続的な医療を受けられませんので、入居の大前提は、病院での治療を必要としない、ということがあります。どこのホームも、提携の病院やクリニックがあり、必要であれば医師の往診などを受けることができますが、あくまでも、自宅と同じく外来で受診するか、往診での在宅医療に限られます。

よく、有料老人ホームは、「老人ホーム」という名前なので、施設介護と間違われますが、前のページでも述べたとおり、入所系の施設介護は、特別養護老人ホームだけです。有料老人ホームでも、介護保険を使って介護を行う場合もありますが、介護保険上は「在宅」扱いになります。イメージ的には、介護スタッフが常駐しているバリアフリー住宅に引っ越した、というのが一番ぴったりくるかもしれません。

認知症の方でも、身体障害が重い方でも、介護付のホームでしたら入居できます。ただ、部屋から一歩外に出ると共有空間ですので、他の人からの干渉を受けたくない人、共同生活はいやだ、という人は生活しづらいかもしれません。

部屋の設備・部屋の広さ・共有設備などさまざまですので、実際見学して、どんな生活を送りたいのか、イメージしながら選ぶことが大切かもしれませんね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.